特色および戦略方針

ファンドの目的・特色

毎月15日(休業日の場合翌営業日)に決算を行い収益分配方針に基づいて収益の分配を行います。

分配方針
コンピュータ・システム運用で人間の感情を排除

独自に開発した完全自動化コンピュータ・トレーディング・システムにより運用することで、取引に関する意思決定から、
人間の感情移入による誤算を排除し、公平な投資判断を可能としました。

コンピュータ・システムの運用により、365日・24時間、世界中の為替市場をモニタリングします。
よって当ファンドは、市場環境に関わらず低いリスクで長期的な収益を得る可能性を持っています。
 

トレンドフォロー手法を採用

人間の基本的な本能である群集心理を利用します。
投資対象となる市場の方向性(トレンド)をとらえて、これに追随(フォロー)することにより収益を狙います。
 

損切り


このシステムは、新しい個々の取引ポジションを開くときに損切り水準を設定します。市場の動きが上昇トレンド(傾向)
と判断すると買い建て、下降トレンドと判断すると売り建てます。
トレンドが反転(終了)したと判断されれば、取引は手仕舞いされます。これらは全てコンピュータで行われます。

 

リスク管理


投資元本の保護を重要視しており、リスク管理を最優先します。

システムがファンドのリスク総量を継続的に監視し、損失を早期に切り捨てます。各取引の初期リスクの上限は、
ファンドの総資産額の最高1〜2%(リスクの総量が毎日継続的に監視され損失は逆指値によって自動的に抑えられます)
に事前設定されます。
 
この厳密なリスク管理により、長期間の高い実績を達成します。
Copyright © 2012 kenkoku fund Co., Ltd all right reserved.