個人の資産運用として、ファンドはますます注目されています。
運用をはじめる前にまずは、お手持ちの資金を使いみち別に色分けしましょう。
例えば「日常生活ですぐに使うお金」「近い将来のために貯めるおかね」にわけられます。
それぞれ色分けすることで、それぞれのお金をどれくらいの期間で運用するのか計画することができます。
そして、「当面使う予定のないお金」こそ、将来のため「育てておくべきお金」なのです。

 

資産を大きく3つにわけてみましょう

中長期的な実績を見ると外国為替のコンピュータシステム運用は、株式や債権よりも優れたパフォーマンスを
達成しています。また、利益の再投資を行っているため、複利効果が得られます。

複利の効果(100万円を投資した場合)

img008.jpg

当ファンドの年間配当目標は、約36%です。
100万円を複利で運用した場合、利益を再投資することにより、長期間保有するほど、
利益がさらなる利益を生む効果が期待できます。
現在、大手都市銀行普通預金金利は0.020%です。100万円を預金すると、1年後には¥1,000,200になります。
また、同じく定期預金金利は0.025%です。1年後には¥1,00,250になります。
 

複利の効果(500万円を投資した場合)

img10.jpg

契約が100口を超える投資者には、複利運用をおこなっております。ただし、契約は100口以上、100口単位とさせていただきます。
 

img04.jpg

NEWS&TOPICS

2014.10.22      URL変更のお知らせ

建国ファンドのURLが
http://www.kenkokufund.com/からhttp://www.kenkokufund.net/に変更になりました。
お気に入りやブックマークなどに登録されているお客さまは、お手数ですが上記の新アドレス(URL)への
設定変更をお願いいたします。
 





 

Copyright © 2012 kenkoku fund Co., Ltd all right reserved.